skip to Main Content
【2019年3月セミナーレポート】無定年時代に向け、好きをシェアで仕事に!-副業・兼業・起業への第一歩を考える

【2019年3月セミナーレポート】無定年時代に向け、好きをシェアで仕事に!-副業・兼業・起業への第一歩を考える

無定年時代に向け、好きをシェアで仕事に!-副業・兼業・起業への第一歩を考えるセミナーを実施しました。

冒頭では司会の蓑口さんより、「定年がない時代、我々も親世代もみんな体験したことがない時代を迎えることになります。」

会社だけに頼らずに収入源を確保しなければならないシビアな時代。

そんな時代に自分のスキルを活かしやすい大手シェアサービスを紹介していきました。

【第一部】パネルディカッション『無定年時代に備えるキャリアの作り方』

企業で働きながらもココナラ、クラウドワークスで活躍中のホストに登壇して頂きました。

シェアワーカー hirofumiさん(ココナラ)

<プロフィール> 出版社にてIT系の業務に就く傍、アーティストとして活動中。活動領域はイラスト/漫画/似顔絵/デジタル・アナログライブペイント。SF&ファンタジー系の作風と躍動感あるタッチが特徴。
ココナラではローンチ時期に登録し、似顔絵サービスが人気となる。現在はイラストサービスを中心に出品している。
2017年よりデジタルアートバトルLIMITSに出場。 2018年の日本大会出場、世界大会ベスト8の成績を残す。

 

hirofumiさんは、元々イラスト描いていたのですが、それを世に出すキッカケがなかったのが、ココナラを使いはじめた理由だったという。
電車の中で描いたり、スキマ時間も有効利用してサービス提供していたようです。

イラストは競合が多いので、リアルな場での活動をしながら実績をオンラインとオフラインで積んでいったとのこと。

シェアワーカー スギモトアイさん(クラウドワークス)

<プロフィール> (株)RESVOの広報・マーケティング、フリーライターとして活動。兼業ライター歴は今年で4年目。休職を機に未経験からスタートし、現在は取材・インタビュー、撮影もこなす。昨年11月までは行政機関の非常勤職員としても勤務。

 

社会的にお堅い仕事をされていた時は、会社と調整しながら働いていたという。ゼロからライターとして仕事をはじめて今では、企業の広報の仕事もしながらフリーライターとしても精力的に活動されています。

【第二部】売れるスキルに気づくワークショップ

売れるスキルに気づくワークショップでは、ココナラ古川さんよりどう考えたら自分の売れるスキルに気づけるのか具体的なワークをして頂きました。

最後の懇親会タイムでは会話が大きく盛り上がり、何かしら皆さん手応えを感じて頂けた会になったのではないでしょうか。

世の中に埋もれているスキルがもっと社会で活躍できるように今後もイベント実施してきますので皆さん是非チェックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back To Top